大腸内視鏡検査

COLONOSCOPY大腸内視鏡検査

腹痛 便秘 下痢 不快感 お腹が張る
そんな症状が続いた時は検査をしてみましょう!

当院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)について

  • 特徴1
    水曜日と日曜日以外は毎日実施しています。土曜日も検査可能です!
  • 特徴2
    長時間の内視鏡手術にも使われる、炭酸ガスを用いた内視鏡システムでお腹のハリや苦痛が少ない検査が可能です。
  • 特徴3
    患者さまの体格や腸の走行に合わせて内視鏡の硬さを変えることのできる硬度可変式大腸内視鏡を使用しています。
  • 特徴4
    ご希望があれば鎮静薬を使用し「ボーッ」としているうちに検査を行うことも可能です。
  • 特徴5
    当院ではこれまで2500件以上の検査実績があります。

検査の流れ

1 事前に検査の予約のため来院して頂きます。(前処置の下剤の処方や説明があるため必ず来院して頂いています。)
2 検査前日は夕食後から絶食になります。
水分は制限はありません。
3 就寝前に錠剤の下剤を内服して頂きます。
4 当日は検査の4時間前から液体の下剤を内服して頂きます。
1000〜2000mlの液体の下剤を2時間かけて内服します。
5 早い患者さまでは内服後から便が出てきます。ほとんどの患者さまは、2時間程度で便が透明になります。こうなれば検査は可能です。
6 検査30分前に来院して頂きます。検査前に検査用パンツに着替えて頂きます。
7 肛門から内視鏡を挿入し、検査開始です。
8 検査時間は15分から30分程度です。
リカバリー室

検査後はリカバリー室でゆっくりお休み頂けます。

ベットで横たわったまま移動してお休みいただけるように、内視鏡室にリカバリー室を隣接しています。

検査料

3割負担の場合 1割負担の場合
組織生検なしの場合 6,000円程度 2,000円程度
組織生検ありの場合 9,600円程度 3,200円程度

●初診・再診料、検査に使用する薬品代、前処理に使用した薬品代などは別途となります。